1. ホーム > 
  2.  News&Topics

2021/2/11 - News&Topics

【交流文化学科主催講演会】北海道平取町二風谷におけるアイヌ文化伝承活動

交流文化学科では、下記のような講演会を企画しております。関心のある方は、是非ご参集ください。

交流文化学科講演会「北海道平取町二風谷におけるアイヌ文化伝承活動」
 
日時:2月24日(水)15:00-16:40
講師:関根健司氏(平取町教育委委員会主査)、関根真紀氏(アイヌ工芸家)
開催方法:zoomによるオンライン
対象:本学学生・教職員
 
※ 参加をご希望の方は、(1) お名前、(2) 学部・学科、(3) 連絡先(大学から付与されているメールアドレス)を明記の上、前日までにlabocul[a]ml.dokkyo.ac.jp([a]を@に変えてください)までご連絡ください。折り返し、zoomのリンク等をお知らせします。
 

概要:
 北海道平取町二風谷は、住民の約7割がアイヌにルーツをもつとされ、今日でも生活に根ざしたアイヌ文化の伝承が行われている地域として知られています。地元住民向けのアイヌ語教室をはじめ、アイヌ語継承のための活動が活発に行われている他、二風谷で生産されているアイヌ工芸品(二風谷イタ、二風谷アットゥシ)が北海道で唯一、経済産業省の「伝統的工芸品」に指定されるなど、工芸技術の伝承も盛んです。

 今回の講演会では、二風谷在住のアイヌ文化伝承者である関根健司さん、関根真紀さんをお招きして、二風谷におけるアイヌ文化継承の現状についてお話いただきます。

 関根健司さんは、平取町二風谷アイヌ語教室。子どもの部で講師を務めるなど、二風谷におけるアイヌ語継承活動に熱心に関わってこられた方です。海外の先住民族との交流も積極的に行い、たとえばニュージーランドの先住民マオリの人々が取り組んできた言語復興法「テアタアランギ」の手法などをアイヌ語学習に取り入れるといった試みもしてきました。

 関根健司さんの妻・真紀さんは、二風谷を代表するアイヌ工芸家のお1人です。父母や兄の影響を受けて、10代の頃からアイヌ工芸に携わり、近年ではファッション・デザイナーとコラボレーションするなど、伝統的なアイヌ工芸という枠に囚われない、多様な活動を模索しています。

 関根さん一家については、短編ドキュメンタリー映画『消滅危機のアイヌ語を守る 恋に落ちてアイヌ語講師になった男』『Happy Ainu』(山田裕一郎監督)などでも取り上げられ、話題を呼びました。本講演会では、こうした映像資料なども交えながら、ご夫婦のアイヌ文化との関わりについて自由に語ってもらいたいと思います。
 
以上、よろしくお願いいたします。