1. ホーム > 
  2. DoTTS Faculty 教員コラム

DoTTS Faculty 教員コラム

1 2 5

気づきの春(長崎睦子)

数年前から始めたことがいくつかあるが、その中のひとつがヨガだ。 私は、物事に対してや思考に関しては柔軟性があるほうだと思っているが(芯がないとも、流されやすいだけとも言える)、自分の体においては、柔軟…続きを読む

2024/4/9

「動物福祉(アニマルウェルフェア)」って知っていますか?(その2)(永野隆行)

 近年のオーストラリアで、動物福祉をめぐって関心を集めたのが生体動物の輸出問題でした。知られていませんがオーストラリアは生体動物の輸出大国。オーストラリアはこれまで、牛や羊を生きたまま、中東やアジアの…続きを読む

2024/2/13

「動物福祉(アニマルウェルフェア)」って知っていますか?(その1)(永野隆行)

 日本ではまだまだ認知度は低いようですが、欧米諸国では活発に議論がなされている「動物福祉」。特にヨーロッパでは「動物福祉政策」として、法令制定、規制強化の動きが活発化しています。欧州連合(EU)は19…続きを読む

2024/2/13

裁判官を演じてみませんか(高橋雄一郎)

獨協大学には法廷の内部を再現した「法廷教室」があります。ふだんは法学部の授業に使われていますが、空きコマがあると私たち他学科でも使えます。 私が担当している授業「移民難民と日本社会」では今年、中島京子…続きを読む

2024/2/1

大学生活とアルバイト(鈴木涼太郎)

大学生活の中心が学問/勉強であることは当然ですが、もちろんサークルや部活、アルバイト、趣味の時間も大事なのは言うまでもありません。 留学をするにも旅行をするにも、お金が必要。なかでもアルバイトは、ほと…続きを読む

2024/1/30

距離のはなし(大澤舞)

白いスニーカーの「白」を維持したまま履くのはなかなか大変である。 授業中、学生のアディダスが毎週きれいな状態だったので、「きれいに履いているね」と声をかけたら「はい、結構(白を維持する)努力してるんで…続きを読む

2024/1/15

ミュージアムと多様性のリテラシー(山口誠)

  獨協の学生証で、ピカソやモネやゴッホの名画を、無料で観れます!  エジプトのミイラも、世界遺産に登録された建築も、明治時代の無声映画も、はたまた恵比寿の写真美術館も、無料で観れます!  ・・・ミュ…続きを読む

2023/12/5

商店街とアート─奥能登国際芸術祭2023を訪れて(須永和博)

 東京各地を共に歩き、その経験をふまえて都市のあり方を展望する、そんな目的を掲げた科目(フィールドワーク論)を担当している。まち歩きに際しては、あらかじめキーワード(切り口)をいくつか提示しておく。そ…続きを読む

2023/11/22

9月の風と見上げた空(北野収)

残暑がまだ残る晩夏のある日、黄金色に実った稲が首(こうべ)を垂れる広い田んぼが一面に広がる中、私は鎌を不器用に使いながら、腰をかがめて稲刈りの手伝いをしていた。農家のTさんは大型のコンバインを操縦して…続きを読む

2023/9/25

“To DO Lists” (Lisa Gayle Bond )

It seems like it was just yesterday that I met the first-year students for the first time during ori…続きを読む

2023/7/27

1 2 5